データ入力の代行|電話代行を利用する際の注意点を把握すれば安心して利用できる!
スーツの人

電話代行を利用する際の注意点を把握すれば安心して利用できる!

データ入力の代行

背広の人

データ入力代行はその言葉の持つイメージとは反対に多様な種類の作業に分かれています。例えば入力方法一つとっても全てを手作業で入力する作業からOCRを併用することにより高速入力する作業まで様々です。読みやすいフォントで印刷され定型化された名刺などは認識率が高いため、スキャン後確認するだけで済むために低コスト化が進んでいます。一方手書きの文書やメモは全て手作業で入力されますし、誤読の可能性が高く確認作業も煩雑になる為に単価は高くなりがちです。また作業場所もクラウドソーシングを利用してネットワーク上で行われるケースからデータセンターで事務員が入力する場合、あるいは顧客企業へスタッフが出向き直接入力する等状況に応じて変わります。

データ入力代行を利用する場合にはどのようなデータを入力してもらいたいか認識することが大切です。要求される精度やデータの量、情報の管理レベルによって費用は変わって来ます。機密情報や顧客情報など流出リスクを考える必要がある場合、顧客の元へ一定の水準のスタッフを派遣してもらいデータ入力代行を依頼するのが安全です。但しこの場合作業時間に比してコストが発生するため、打ち合わせが必要となります。逆に一応データ化する必要はあるけれど利用されるのは社内だけで入力精度にさほどこだわらない場合は、単価の安い半自動のデータ入力代行へ依頼するのがお得です。また最近ではデータ入力代行の一括見積りサービスも有るために利用してみるのもよいでしょう。